坂本工務店

坂本の強み
ADBANCE

坂本の強み

「匠」という言葉の、厳しさ、重さ。
それをわかった銘工だけが
坂本の家をつくります。

職人気質-しょくにんかたぎ―という言葉があります。
今では、頑固、融通がきかないなど、ネガティブな雰囲気を感じるかもしれません。しかし、本来は自分の職業に誇りをもち、一途に、真摯に研鑽を積むということ。小手先をよしとせず、ありったけの技術と真心を込めて、最高のクオリティのものを生み出すということ。そうした者だけが、初めて「匠」としての矜持を世に語れるのです。 坂本工務店の家をつくるのは、彼らたち。 もちろん、銘工は50坪や60坪の純和風住宅だけをつくっているのではありません。高い技術力や現場で鍛えたノウハウは、30坪や40坪が平均な現在の住宅では、最大の武器となります。細部にいたるまで、とことん「質」を追求した住まいを、適正な価格で。 どうぞハウスメーカーと比べてください。 価格以上の価値。 “坂本の家は、おねだん以上の家。”を、実感していただけるはずです。